10月 2010 のアーカイブ

余命宣告後の半年...

2010年10月30日

父には知らせないまま兄妹で退院前も退院後の自宅療養期間も

「手術をしたから後は良くなるだけだよ♪」と普通に接することに努めていた。

 

父も普通にしていて体調が戻らないことを私たちに追求してこなかったけど

きっと判っていたんだと思う。

 

院長先生の計らいで自宅に介護用ベッドや酸素吸入機など老人福祉制度を 利用することや、

訪問専門の医師を紹介してもらって踏み出した在宅介護!

当時公務員だった兄は介護休暇を使い、

前夫と別居中だった私は できるだけ勤務後や休日に実家に行っていた。

 

父には生きる希望をもってほしかったから旅行の話を計画し

宣告を受けた4ヶ月後には1泊で別府温泉にも行ったな(^^)

 

その頃は抗がん剤を一時期止めていたこともあって息切れが辛そうだったけど

普通にお料理を食べて温泉を楽しんでとても喜んでくれて嬉しかった♪

初めての父とふたりきりの旅行は新鮮でちょっぴり気恥ずかしい気持ちもあったっけ?

 

そういえば行きの高速艇で娘の目の前でナンパしたのには驚いた!!

 

でも「なーるほど、こうやってガールフレンドを作っていたのか」と

74才の父の現役プレイボーイ姿に感心しきり...

大好きな父の思い出です。

横浜の甲子園!

2010年10月29日

期待以上に楽しめるお店でした!

春先のオープン時から気になっていながら、やっと昨夜デビュー...

 

ナイターコースはカップルだと二人で5000円に割引されます(^^)

なんと飲み放題がついて一人2500円!!

飲ん兵衛にはビール5杯分の値段なんですが...(苦笑)

 

「そうするとお料理はただ(無料)と同じだよね」なんて喜ぶ私たちって???

 

イメージしてたよりも店内は広く雑然とした感じは、

まさに新世界そのもの 「さすが大阪のノリやね~」

新派遣社員が2連続遅刻!!

2010年10月29日

考えられません

まさか嘘でしょう?の世界です(-_-メ)

 

 さすがの私も怒り心頭!!

遠くから通っているのが理由にはならない

交通事情で電車が遅れる可能性は常にあること

社会人の常識として始業より早めに到着して当たり前

 

何で今更36才に言わなきゃならないのか...

 

がっかりします

なんと4日ぶりに

2010年10月28日

まともに彼と話をしました!

 

日曜日の夜に「おやすみなさい」と眠りについてから...

月曜日の朝は彼が家を出た後で私が起きて、

夜は送別会後に同僚の家に泊まった私(翌昼帰り)…

 

火曜日の夜には彼が眠った後で私が上司との会食から帰宅!

 

水曜日の朝は彼が起きた時にベッドから「いってらっしゃい」だけで眠り直し…

夜は彼の帰宅が午前様+泥酔していたから話は出来ず...

 

今夜は横浜駅到着がほぼ同じだったから改札口で待ち合わせて並んで帰り、

やっと4日ぶりに普通の生活に戻りましたf^_^;

 

 なんだか新鮮♪

朝帰りどころか昼帰り(+_+)

2010年10月26日

やっちゃいました...

 昨日が最終出勤の派遣社員Mさんの送別会で

盛り上がり過ぎて 気がつけば終電が終わってた!!

 

と、違うショップの同僚から「うちで良ければ泊まってください」って

ありがたい申し出があり遠慮なくお邪魔することにしてタクシー移動~(^^)

 

 Mさんはタクシーに乗っている間に気分を悪くして完全に酔い潰れてたから

到着後すぐに水を飲ませてパジャマに着替えさせてとにかく寝てもらうことに…(-.-;)

 

どこか、なにか間違ってますよね(苦笑)

 

その後私たちも寝ればいいものをビールで飲み直し?

同僚が美味しい肴を出すものだから焼酎まで飲んで喋って...

 

そのうちに同僚が座ったまま眠り始めたから揺り起こして布団に誘導し

食器を洗って歯磨きをして時計を見れば4時???

 

そんなだから朝目覚めたら11時(朝じゃないけど)

同僚の旦那様がリビングでゴソゴソと物音をたてたから驚いて起きたMさんに次いで

私も目覚めて布団の上でパジャマのままでご挨拶(苦笑)

「お邪魔してます」

 

横浜に帰ったのは午後1時、

自宅に向けて歩きながら・・・いったい何をしてるんだか...

 

せっかくの休日なのにねー、

 

さらに今夜は渋谷で上司との会食があったので再び日付が変わってからの帰宅中~(-.-;)

☆~anniversary~☆

2010年10月16日

2人の始まり記念のお祝いにお台場まで行ってきました。

 久しぶり乗った<ゆりかもめ>からの景色…

 

 

 新橋までは日常エリアだけど、お台場に移動するだけで休日らしくなりますね。(微笑)

 

目指すはホテル日航東京 ...

一気にリゾート気分に変わるから不思議!

 

思えば6年前…

2010年10月15日

父が亡くなってから3ヶ月が経とうとしていた今の季節に、

過去何度目かの人生の振り返りと将来について考え始めていたところでした。

 

当時は長男を連れて別居するための就活4社目で採用となったF社に勤めていましたが

、厳しい環境のもとで生活のためにと耐え抜いて頑張り続け、

やっと6年目に入ったばかり…

 

母亡き後、父も見送ったことで一区切りついたというか

自由になった気がして 転職したのが今の会社!

 

何故かイタリアブランドには馴染めないままでいた私なのに

フランスブランドでは居心地が良く自分らしく自由に働くことが出来た不思議!

 

やっぱり前世はパリジェンヌ???(微笑)

それなのに...

 

心ないNo.2のためにトラブル続出のオフィスには哀訴が尽きてしまいました(-.-;)

 日本で言う<お局様> 困った存在です...

 

ブランドの偉大ささえ理解していない!

 経営の基本が解っていない!

スタッフは使い捨て感覚?

いくらでも代わりがいると単純に考えているの?

 

さらに全く能力も実績もないNo.3がトッブにのし上がるべく工作を始めていると聞く(*_*)

これは間違いなく末期症状ですよ!

 

既に立ち去ってしまった能力ある人達に続き、私も離れる決心をしました。

心残りはありません!

ただ、私は私の進むべき道を歩むだけ。。。

人って...孤独って...

2010年10月14日

喋りたいのに喋れない。

聞いてほしいのに聞いてくれる人がいない。

そんな時に自分の殻を作り始めるのかな?

 

<孤独という名の固い殻>

 

それはもしかしたら最初は繭のようなもので、

心の中で吐き出した言葉が糸のように自分自身に巻き付いて、

知らず知らずのうちにグルグルとがんじからめになるのかも?

 

孤独は蚕のよう?

 

 独りきりの時間の中で吐き出したい言葉に埋もれるうちに、

繭となり外から遮断されてしまう...

 

でも繭のうちなら周りから糸口を見つけ解していくことができるから、

 早く気づいた誰かが助けることが出来るでしょう。

 

ただし、時が経ちすぎると固い殻となり周りの誰をも受け付けなくなってしまう(-.-;)

昨夜の親友が話す姿を思い出しながら、

ふとそんなことを考えてしまいました。(苦笑)

うふっ…f^_^;

2010年10月14日

昨夜の帰宅が11時半!

それなのに彼が起きていて帰りを迎えてくれました♪

ウィークデイは翌朝の早起きのために11時就寝が常なのに...

 

「blogを読んだよ」

「今日が始まりの日だったんだね、覚えていてくれてありがとう」

そして、おやすみのChu!

 

 お互いに仕事のストレスを抱えてゆっくり話せないでいたけれど、

私たちの仲を取り持ってくれるblogに感謝♪

 

始まりから今も、これからもヨロシクね(o^-‘)b

親友からのSOS!

2010年10月14日

横浜に越してきたものの就職口が決まらず落ち込んでいる親友から

「鬱になりかけてるかも?」って届いたメール...

 放っておけないから急遽会う約束をして彼女の住む町に向かってます。

 

遅番で残業後だけど帰る方向だから、晩御飯も兼ねるとして…

 

一人きりで何日も部屋に閉じこもっていると良くないからね(-.-;)

 会って少しでも話せば気分が変わって楽になるはず!

 

そう信じて行ってきます。